スポンサーリンク

【徹底解説】ワイヤレスイヤホンの選び方を7つのポイントで解説【おすすめ有】

ワイヤレスイヤホン

最近はiPhoneでもそうですがAndroidスマホでもイヤホンジャックが搭載されておらず、やむなくイヤホンを変換ケーブルで繋いで音楽を聞いたり、動画を見たりしている人も多いのではないでしょうか?

 

音楽や動画は充電しながら見たり聞いたりしたいのが本音ですよね、、、

 

その問題を解決すべく、Bluetoothイヤホンいわゆるワイヤレスイヤホンの需要が高まっており、メーカーも多数ワイヤレスイヤホンを販売しております。

 

しかし、いろんなメーカーがこぞってワイヤレスイヤホンを販売しだしているのでどんなイヤホンを選べばいいか分からない!

という人は少なくはないはずです。

 

そこで今回はワイヤレスイヤホンの選び方を主な7つのポイントで徹底的に解説していこうと思います。

 

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンとは?

ワイヤレスイヤホンは従来のケーブルでデバイスと繋ぐのではなく、Bluetoothを使って音を聞くことができます。冒頭でも書いたとおりここ最近のスマホではイヤホンジャックが搭載されていないことも多く、ワイヤレスイヤホンの需要は高まっています。

 

ワイヤレスイヤホンのメリット

ワイヤレスイヤホンのメリットはストレスフリーで快適なつけ心地です。あとで説明はしますが、左右独立・一体型であれデバイスとケーブルで繋がっていないので、カバンに引っかかってイヤホンがいきなり取れたり、ケーブルに癖がついてくねくねなったりするというストレスから開放されます。

 

ワイヤレスイヤホンのデメリット

1番のデメリットはBluetoothなので、音質劣化が伴う可能性があることです。しかし、ここ最近のBluetooth規格も進化が早いのであまり気にする必要がないかもしれません。

 

そうなるとやっかいになってくるのは、ワイヤレスイヤホンは聞ける時間が限られるというところです。充電しないとイヤホンが使えないので、急にイヤホンを使いたいけど充電し忘れた!という事態はなるべく防ぎたいところです。

 

また、現状価格が高いものも多いので自分の用途にあった選び方で購入しないと買ってから後悔してしまう可能性もありますのでご注意を。

 

ワイヤレスイヤホンの選び方

ワイヤレスイヤホンの種類で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホン

左右分離型、左右独立型とも呼ばれるように、完全に左右のイヤホンが独立しています。左右一体型とは違いケーブルがないのがポイントです。

 

AirPodsが出始めてからはこのタイプをしている人も多く見るようになりました。

メリットは、スタイリッシュでストレスフリーな点や商品によってはスマホを出さずともイヤホンだけで大体の操作をできてしまうものもあるぐらい、多機能な点です。

 

デメリットは、連続で使用する時間がかなり短い点。ほとんどのものが2~3時間連続で音楽を再生すると充電しなければいけませんが。しかし専用のバッテリーケースがついているので収納=充電と使わないときは勝手に充電されるので安心です。

 

 こんな人におすすめ!
・スポーツをしながら音楽を聴く人
・なるべくスタイリッシュに使用したい
・スマホを触らずほとんどの操作をしたい
・仕事中の電話の待ち受けに片方だけつけておきたい

 

左右一体型ワイヤレスイヤホン

左右一体型は独立型とはちがい左右のイヤホンがケーブルで繋がっています。

 

現在のワイヤレスイヤホンの主流はこちらとなっていて、完全ワイヤレスイヤホンとは違い5~8時間は連続再生が可能ですので、なるべく連続で長時間使用したい人にはこちらがおすすめです。

 

こんな人におすすめ!
・長時間使用したいからスマホを充電しながら音楽、動画を楽しみたい
・なるべく安くいいワイヤレスイヤホンを買いたい
・はじめのワイヤレスイヤホンに

 

イヤホンの装着部位で選ぶ

カナル型

カナル型は多くのイヤホンでよく見る、ウレタンのようなものが先端についていて耳の中にスポっと差し込むタイプのイヤホンです。

 

ピッタリとフィットする感覚や、遮音性に優れています。また、低音もしっかり聞こえるので音質を重視する人にもおすすめ。

 

しかし、ピッタリとフィットするので長時間使用すると耳がつかれることもあるので注意です。

 

こんな人におすすめ!
・スポーツをしながら音楽を聴く人
・集中した作業時にイヤホンを付ける人
・音質重視の人

 

インナーイヤー型

カナル型とは違いインナーイヤー型はイヤホンを耳にはめるタイプです。イメージとしてはEarPodsやAirPodsのような形です。こちらは遮音性に劣るため周りの音も聞こえたほうがいい人や、長時間の使用でも疲れを感じたくない人におすすめです。

 

 

こんな人におすすめ!
・長時間使用する人
・周りの音も聞こえたほうがいい人

 

携帯性で選ぶ

イヤホンは基本的に外出先などで使用することが多いと思います。そんなときに携帯しづらいものだと意味がありませんよね。大体どの商品も非常にコンパクトなイヤホンが多いですが、携帯を考えると次の2つのポイントはしっかり確認しておいたほうがいいです。

 

イヤホンの重さ

イヤホン単体での重さです。ケーブルがある左右一体型ワイヤレスイヤホンだとそれほど差は出ませんが、完全ワイヤレスイヤホンだとケーブルがないため、コンパクトだと思われがちですが、それぞれ重さが異なる商品も多いためチェックしたほうが無難です。

 

ケースの大きさ

完全ワイヤレスイヤホンの場合ケース+イヤホンとなっている場合がほとんどなので、イヤホンをしていないときはケースに入れてカバンなどに入れておく必要があります。そんなときに大きすぎたり、重すぎたりすると持ち運びづらくなってしまうため、ケースの大きさや重さをしっかりと確認してから購入するといいでしょう。

 

バッテリー持続時間で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの場合、通常のイヤホンと違い充電が必要となっています。今までだとスマホやミュージックプレイヤーなどデバイス側の充電さえあれば、聴きたいときにいくらでも聴くことができましたが、ワイヤレスイヤホンはそうはいきません。

 

商品によってバッテリー容量の差がありますので、注意して購入しないといけません。特に見ておきたいのは下記2点です。

 

イヤホン単体での連続再生時間

左右一体型ワイヤレスイヤホンの場合はイヤホンに充電するので表記にある時間だけ使えると思っても問題はありません。

 

完全ワイヤレスイヤホンの場合はイヤホン本体とケースバッテリーの充電も合わせて表記してあるパターンもありがちなので、できるだけ長時間連続で使用したい人は、イヤホン単体での連続再生時間をしっかりチェックして購入しましょう。

 

バッテリー容量&スマホ充電

完全ワイヤレスイヤホンはイヤホンをケースに収納して充電します。また、そのケースも充電する必要があります。バッテリーの容量によっては何日間もイヤホンを充電することが可能な容量を持っているバッテリーケースもあります。

 

特に連続で長時間使用する予定はないが、ケースの充電がめんどうなひとはできるだけ多く充電できるものを購入しましょう。

 

また、ケース自体がバッテリーなのでスマホなど他のデバイスを充電できるようなものもあります。普段モバイルバッテリーなどを持ち歩かない人でも、ワイヤレスイヤホンを購入を機にモバイルバッテリーも兼ね備えたものを買うと、イヤホンを充電しつつスマホを充電することも可能なのでおすすめです。

 

イヤホン単体での操作性で選ぶ

左右一体型ワイヤレスイヤホンであればケーブル部分にコントローラーがついているものが通常です。

 

完全ワイヤレスイヤホンでは、従来のイヤホンのように聴くだけのものもあればイヤホン部分で様々な操作ができるものも多いです。
デバイスを出さずともいろんな操作ができてしまうのは魅力の一つでもありますね。

 

完全ワイヤレスイヤホンでできる操作例
音楽再生・停止、通話開始・停止、前の曲・次の曲、音量調節、Siri起動

 

防水性能の有無で選ぶ

ワイヤレスイヤホンは防水性があるものが多いです。特にスポーツの時などに使用したり、雨の日でも使用するのであればチェックしておいたほうがいいでしょう。

 

音質で選ぶ

イヤホンを購入したい人には避けては通れない道かもしれない音質です。やはり音楽を聴くときはできるだけいい音質で聞きたいですよね。

 

音質にこだわるとキリがありませんが、ワイヤレスイヤホンで音質にこだわるのであれば、できるだけ左右一体型ワイヤレスイヤホンのほうがよいです。完全ワイヤレスイヤホンだと現状価格がかなり高くなってしまうため、同じ性能でも左右一体型ワイヤレスイヤホンのほうが安価な場合が多いです。

 

また、音質で選ぶならば信頼性のあるオーディオメーカーから出ている商品を買ったほうがいいでしょう。

 

ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品

下記にてそれぞれ価格帯別のおすすめ商品をまとめました。

是非ご参考にしてみてください。

 

 

 

まとめ

ワイヤレスイヤホンには様々な種類があり、なかなか自分にあった商品は見つからないですよね。

しかし裏を返せばそれぞれの人にあった商品が見つかるということです。

上記の選び方に気をつけて自分にあったワイヤレスイヤホンをみつけましょう。

 

コメント