スポンサーリンク

【簡単】ワイヤレスイヤホンの充電方法について解説

ワイヤレスイヤホン

ここ最近ではスマホにイヤホンジャックがなくなってきていることを考えると、ワイヤレスイヤホンはすごく身近なものになり、すでに使用している人もいれば購入を考えている人もいると思います。

 

しかし、ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンに比べるとまだまだ不便な点があり敬遠されている方も多いのではないでしょうか?

 

特にワイヤレスイヤホンは有線イヤホンとは違い、充電が不可欠です。

 

そこで今回はワイヤレスイヤホンの充電方法について解説いたします。

 

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンの充電方法

ワイヤレスイヤホンの充電方法は特に難しいことはありません。

スマホを充電するのとなんら変わりはありません。

しかしワイヤレスイヤホンの種類によっては少し充電のやり方が変わるので、まずは種類によってどんな充電方法があるのかをみていきましよう。

 

左右一体型のワイヤレスイヤホンの充電方法

左右一体型のワイヤレスイヤホンとは右と左のイヤホンがケーブルでつながっているワイヤレスイヤホンのことです。

両方がケーブルで繋がっているため接続の安定性やバッテリーが長く持つなどのメリットがあります。

 

左右一体型のワイヤレスイヤホンの場合は、ケーブル部分やイヤホン部分に充電するための端子がある場合がほとんどです。

充電ケーブルは基本的に同梱されているのでそこにケーブルをさして充電をしましょう。

 

完全ワイヤレスイヤホンの充電方法

完全ワイヤレスイヤホンは上記の左右一体型とは違い、ケーブルが完全になく左右が独立しているワイヤレスイヤホンのことです。左右独立型ワイヤレスイヤホンともいいます。

完全ワイヤレスイヤホンの場合は、ケーブルが完全にないので左右一体型ワイヤレスイヤホンよりストレスフリーになっています。

しかしデメリットもあり、バッテリー性能がちょっと物足りない部分や接続性が不安定なものもあったり、まだまだ発展途上なものでもあります。

 

完全ワイヤレスイヤホンの充電ですが、2つ充電する必要があります。

1つはイヤホン収納ケース、2つ目はイヤホン本体です。

 

イヤホン収納ケースの充電

完全ワイヤレスイヤホンの場合は収納ケースがバッテリーとなっていて、使わないときは収納しているだけでイヤホンを充電してくれるという仕組みになっています。

ですのでまずはケースを充電しておく必要があります。

 

ケースの充電についても特に難しいことはありません。

左右一体型ワイヤレスイヤホンのようにケースに充電するための端子があると思うので、そこにケーブルをつないで充電するだけです。

 

イヤホン本体の充電

先程ケースの充電時に話しましたがイヤホン本体はケースのみでしか充電できないようになっています。

ケースの充電が完了すれば、あとはイヤホンを収納しておくだけで充電が勝手にされていきます。

多くのワイヤレスイヤホンは収納が右と左で決まっていて、磁石により収納しやすくなっているので特に問題なく充電できると思います。

 

ワイヤレスイヤホンの充電はどこでするのか

ワイヤレスイヤホンの充電ケーブルはイヤホン側がmicro USBで充電側がUSB-Aのものがほとんどです。

ですのでスマホを充電するように、コンセントにアダプタを取り付け充電することも可能ですし、PCなどUSBがさせる環境やモバイルバッテリーで充電するのもありです。

 

まとめ

ワイヤレスイヤホンの充電方法ということで解説しましたが、基本的にスマホを充電するのとなんら変わりはありません。

くれぐれもイヤホンを使用するときに充電切れだった、、、なんてことにならないように注意してくださいね。

 

 

 

 

コメント